27_平和を目指すはずのヴェルサイユ体制が残した「平和を破る禍根」とは何か?

教材のねらい

滋賀県立彦根東高等学校の濵野優貴先生からの提供です。

濵野先生からのメッセージ

ヴェルサイユ体制を国際平和を目指したものとして理想化する歴史理解に対して、あえて斜めに見ることを意図しています。
歴史総合、特に帝国書院の教科書では、1920年代に6回分を割いており、WW1そのもの(ロシア革命の回を含めて)が全3回であることと比較すると、戦間期に重点を置いていることが読み取れます。
大衆化をキー概念として、なぜWW2を防げなかったのか?を中心的な関心として、1920年代の学習を組み立てました。

この先に含まれるコンテンツは会員限定のコンテンツです。

単元に含まれる教材

この先に含まれるコンテンツは会員限定のコンテンツです。

コメント

コメントはログイン中の会員のみ表示されます。