20_日本の近代化は、「日本国民」の世界観をどう変えたと言えるだろうか?

教材のねらい

滋賀県立彦根東高等学校の濵野優貴先生からの提供です。

濵野先生からのメッセージ

歴史総合【20】近代国家を目指す日本
MQ: 日本の近代化は、「日本国民」の世界観をどう変えたと言えるだろうか?

資料♠が難しすぎた印象でした。この資料の問いだけでもう1本KCJ(知識構成型ジグソー法)が組めそうですが、いかんせん歴史総合の進度の確保という点ではこれが限界です。もう少し洗練すべきでした。

生徒アンケートの記述:
・アイヌの人々が展示されていたということに衝撃を受け、日本の近代化の負の側面を知ることができた
・私は歴史総合の授業を受けるまでは、無意識に進歩史観ので歴史をとらえていたことに気づいた
・明治初めに女性を大切にしようという雑誌が出ていたことに驚いたが、富国強兵のためという本当の目的を知って、歴史の多面性を強く感じた

高大研の西岡実践「当時肯定的に評価されることもあった「大日本帝国憲法」を私たちはどう感じる?」、武井実践「「日本の産業革命は短期間で達成された!近代化によって発展してスゴい!」って歴史の語りで良いの?」、佐伯実践「「産業革命に成功した明治日本」で、「貧乏」は個人の責任だったのでしょうか?」「知里幸恵はなぜ・どんな思いで『アイヌ神謡集』を綴ったのだろうか?」、佐藤実践「明治維新-日本における領土画定と国民創造-」、別木萌果さんの生理の貧困と日本史についての実践(オンライン社会科・公民科研究会報告資料)を基に作成しました。

参考文献・資料

  • 坂⽥美奈⼦(2018)『歴史総合パートナーズ⑥先住⺠アイヌはどんな歴史を歩んできたか』清⽔書院
  • 山川出版社『現代の歴史総合』
  • 『駿台 大学入試完全対策シリーズ 東京大学〈文科〉 前期日程・下 (2016~2012)』
  • 牧原憲夫(2006)『シリーズ日本近現代史② 民権と憲法』(岩波新書)
この先に含まれるコンテンツは会員限定のコンテンツです。

単元に含まれる教材

この先に含まれるコンテンツは会員限定のコンテンツです。

コメント

コメントはログイン中の会員のみ表示されます。